• mamoru furuya

写真展のお知らせ「名刺判写真展」



 平成もあともう少し。いよいよ令和が始まりますね。

 そんな令和に入って一発目の写真展です。

 NADARさんの恒例公募展「名刺判写真展」に今年も参加します。

 さてさて、名刺判写真とは何か?と申しますと・・・。

名刺判写真をご存知ですか? 名刺判写真(カルト・ド・ヴィジット)とは、1854年にフランスで発表されたカード型の写真で、19世紀中頃の欧米社会で大流行しました。名刺代わりに使われたり、友人や知り合いと気軽に交換し合ってコレクションして楽しまれていたそうです。現代の一般的な写真サイズといえばサービス判(L判)ですが、それよりも小さい【縦8.3cm、横6cm】の名刺判写真は、最近ではあまり見かけないサイズということもあり、かえって新鮮な印象があります。サイズが小さい分、見る人をグッと引き寄せる力もあるように思います。

(NADARさんのサイトより)

 デジタルカメラが高画素になっていく中で写真展で展示される写真のサイズもますます大きくなってきているように思えます。そんな中、あえて、小さいサイズの写真。小さいからって侮るなかれ。

 そして、この展示では、1点ずつ全て異なるフレームに額装し、展示します。フレームと写真をどう合わせてくるのかも見どころのポイント。

 なかなか、おもしろそうでしょ?

 自分はこの名刺判写真展には第一回目から参加しておりますが、毎回、発見のある展示で出すだけでなく、見るのも楽しみな展示です。

 今回は、「フルヤ マモル」名義で2点展示します。たぶん、ポートレートではありませんw

 たくさんの方にご覧いただけることを楽しみにしております。


【名刺判写真展】

・会場:NADAR

・期間:5/1(水)〜5/12(日)  

  時間:12:00〜19:00(最終日は16:00)  

NADARさんの場所や詳細は、NADARさんのサイトをご確認くださいませ。

 

0回の閲覧

© 2020 mamotaso/Mamoru Furuya

  • Twitter
  • Instagram
  • ameba owns